本文へ移動

平成13年〜平成16年

トップページデザイナー住宅 作品集>平成13年~平成16年

日立市 T様邸            平成13年

ガルバニュウムの外壁と無垢の杉板材のマッチングが豊かな表情を表しております。

那珂市 S様邸            平成14年

床暖房と「掘りごたつ」の組合せです。

冬でもコタツには薄い布団だけで「掘りごたつ」の電源は入れなくてもぬくぬくです。

かすみがうら町 K様邸       平成14年

「セカンドライフをエンジョイする家!」

こんなコンセプトが似合う住宅です。

ゆったりとした中廊下、浴室は贅沢に南向き!

トイレも水周りはセンタープランにしました。

リビングはビルトインの仏壇とたっぷり収納、

もちろん床は無垢のパインフローリングに床暖房装備です。

水戸市 I様邸             平成15年

コンセプト

茨城県水戸市の城下町の雰囲気を残した住宅地の一角に土地面積が40坪駐車場上スペースを2台確保が条件の家族4人の住まう住宅で、光をたくさん取り入れ、明るい空間と明るい外壁色でプロバンス風の外観に仕上げました。

お客様を向かい入れる玄関付近には無垢の板張りとスチールの飾り梁を配し現代風にアレンジし、変化を付けました

リビングは構造用のエンジニアウッドを表し、力強さの表現と天井高を高く取ることが出来ました。2階のホビースペースまでは吹き抜けの空間にし、開放感と光を通常の2倍入れる工夫をしました。床には無垢のパイン材を使用し、天然素材の魅力を十分に発揮しております。また、床暖房を設置し、超高気密・超高断熱のシーズンハウスならではの快適な空間を演出しており、2階の居室は屋根勾配なりの天井にし、高窓からの安定した光も取り入れ昼間は照明要らずの明るさです。

水戸市 H様邸            平成16年

コンセプト

茨城県水戸市の南方に位置する古くからの住宅地に3階建てで、光をたくさん取り入れ、明るい空間と新旧をマッチングさせるためにシャープさのなかにRを使い和らいだ雰囲気に計画しました。

3階建ての一階は事務所のスペースなのでシルバーのガルバニュウム鋼板の縦ストライプを使い、誠実な企業イメージ感じさせ、2,3階はイエローをベースに南面の大きなFIX周りは濃い紺を使い色の切り替えしにはブリックタイルを使いました。屋根はRにし、ガルバニュウム鋼板の瓦棒葺きで変化を付けました。

2階のリビングには3階までの吹き抜け空間が南面からの溢れるばかりの光を取り入れております。床には無垢のパイン材を使用し、ドアもパインの無垢を使用し、天然素材の魅力を十分に発揮しております。また、各フロアーとも床暖房を設置し、超高気密・超高断熱のシーズンハウスならではの快適な空間を演出しており、3階建てながらも耐震性においても十分な耐力を有しております。

ひたちなか市 H様邸        平成16年

堂々とした風格の本格和風住宅です。
廊下角の8寸の丸太は威厳の象徴です。キッチンとリビングもONとOFFを使い分けております。

水戸市 地下蔵 H様邸       平成16年

「地下蔵」です。

約30坪の敷地に収納たっぷりの住宅です。
もちろんインナーガレージは普通乗用車2台も止められます。
シーズンハウスのプラン力が十分に発揮されています。

久慈郡大子町 T様邸        平成16年

コンセプト

茨城県大子町の山間の立地の中で自然に溶け込み自然の力を十分に吸収出来る住宅を目指しました。

外壁は腰まわりには天然の石を張り、壁は白のデラクリートフィニュッシュで仕上げ、屋根はアルメットタイルのブラックで葺き、大片屋根の中には大きな屋根裏部屋があります。人目を旨く遮った落ち着いたプライベート空間になりました。また、屋根裏部屋への通路からはリビング・キッチンが見渡せ開放的な空間を生み出しており、逆から見上げたときには構造用の大きな梁が圧巻です。
TOPへ戻る