本文へ移動

※不動産コンサルティング業務

1.土地の法的力の確認報告レポート作成

土地はあるけれど、この土地にはどんな建物が建てられるのか?規模は?などのお悩みを、法的にチェックしてレポートにまとめご提出いたします。

2.建築物の定期報告

ある一定の規模・用途の建物には、定期的に建物の状態を調査して、関係機関に報告をしなければなりません。
その業務を専門の資格者が代行いたします。

3.今ある土地の運用について

アパート・駐車場・太陽光・風力発電など、あらゆる方向から検討し、最適な運用方法をご提案いたします。

※建物コンサルティング業務

1.インスペクション業務

インスペクションとは、専門家(既存住宅状況調査技術者)が、第三者的な見地から住宅の劣化レベル・工事不備などを目視により、屋根・外壁・室内・床下など診断し、報告書にまとめる業務です。この調査報告書は平成28年6月に宅地宅建取引業法が一部改正され、平成30年4月から既存住宅の売買時に「既存住宅状況調査」に関する説明が義務付けられます。
 

2.計画中の事業全体の概算見積算出

計画・企画の初期段階において正確なコストをつかむことは、より実現可能な計画・企画を作る上では重要です。
オーナー 様の代行者として、建物の用途・規模・立地条件など様々な角度から勘案し、豊富な経験により計画・企画の初期段階より正確なコストを算出します。

3.各々の費用の算出

基本設計の段階において、各々の専門設計費や備品の購入費用などの正確なコストをつかむことは、実施設計での後戻りをなくす的に重要です。

※自然エネルギー業務

1.太陽光発電事業

設置場所に合わせた設計を行い、収支計算のお手伝い・工事・メンテナンスまで一括して行います。
太陽光発電は、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1m2当たり約1kW。もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなうことができるほど巨大なエネルギーであり、しかも、枯渇する心配がありません。現在、日本は、石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っていますが、こうした化石燃料は使い続ければいずれなくなってしまうもの。太陽の光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。
また、クリーンであることも大きな特長。発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)も発電時にはまったく排出しません。エネルギー源の確保が簡単で、地球にもやさしい太陽光発電。日本は、世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり、その導入量のさらなる増加が期待されています。球全体が太陽から受けるエネルギーは、地表や海面で熱に変わり、ごく一部が風や波、海流などを起こすエネルギー源となります。なお、化石燃料も太陽エネルギーが地中に蓄積されたものです。
環境にはどのぐらい貢献できる?
太陽光発電システムを設置することにより、火力発電所から排出されるCO2の削減と、そこで消費される原油量の節約が可能となります。例えば10kWの太陽光発電システムを設置した場合、年間約10,000kWhの発電量が期待できます。 これは、原油消費削減量としては年間約2,270リットル、CO2排出削減量としては年間5.04t-CO2となります。

※セキュリティーサービス

総合警備保障(株)ALSOKとの提携により、一般のご家庭から、店舗・事務所・建物まるごとのセキュリティーサービスの提案と日常の安全確保のご提案をさせていただき、お客様の安心・安全をお手伝いさせていただきます。

有限会社 エイチ・エヌ・ビー

〒310-0803
茨城県水戸市城南3-5-14 清水ビル4F
TEL:029-231-8303

Copyright © 有限会社エイチ エヌ ビー , All rights reserved.
TOPへ戻る